« 神のいない宗教 | トップページ | 宗教の三要素 »

神かコスモスか

世界には神を崇拝するキリスト教、イスラム教、神道などの他に、神の代わりにコスモス(宇宙の秩序)を第一に信じている仏教、儒教、ヒンドゥー教というふうに区別できます。もちろん中国やインドにはさまざまが神々が祭られ信じられていますが、そうした神観念は別なコスモスという観念の下に位置するものと考えられてきました。ヒンドゥー教にはシバ神、ヴィシュヌ神と言った神々がたくさんおりますが、それらもすべてカルマの法則を逃れることはできず、その行いによって次の世では人間や虫などに生まれ変わると信じられてきました。
神とコスモスの違いの第一は人格観念にあります。神もコスモスもともに超感性的力なのでありますが、神は人格的存在であり、コスモスは非人格的な存在であります。

|

« 神のいない宗教 | トップページ | 宗教の三要素 »

講義ノート(宗教社会学)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神かコスモスか:

« 神のいない宗教 | トップページ | 宗教の三要素 »