« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の18件の記事

ビデオ支配の社会学入門第5回その4

古代における国家の発生
中国における盗賊、軍閥、国家
日本における桃太郎伝説、水戸黄門、
不当な支配からの救済、解放としての国家の発生

「shihai05-4.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第5回その3

天皇の存在意味
現存秩序の維持のため
伝統的正当性を秩序に附与する


「shihai05-3.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第5回その2

大臣と官僚の対立
田中真紀子と外務省のバトル
三権分立と官僚制
官僚による立法作成


「shihai05-2.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第5回その1

官僚とは
1.権限の分割、タテ(ピラミッド)型の階層制(ヒエラルキー)構造
2.昇進(地位名誉)と昇給(経済的向上)の形態
3.資格や試験による採用と専門知識の要求
4.文書による運営(命令と報告)

「shihai051.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第5回はじめに

現代日本社会の支配構造
官僚制支配(合法的支配)

「shihai05-0.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第4回その4

政治的支配と宗教的支配
織田信長と日本の仏教権力
鬼退治民話と国家の発生
正当な秩序の要求

「shihai04-4.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第4回その3

自殺について
社会的欲求
1.認知
2.参加
3.安全
4.新しい経験
合理的社会行為
1.計算的、計画的
2.価値的、信条的
歴史と宗教
墓、文化、農耕の始まりと宗教

「shihai04-3.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第4回その2

支配団体(制度団体、強制、指令)
非支配団体(任意団体、自由意志、協定)
自由意志を前提とした契約(雇用、結婚)
結婚の歴史、結納金と持参金、妻の権利を保護するために発達した結婚制度


「shihai04-2.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第4回その1

人と動物の違い
弱肉強食の動物世界
人類の平和的手段の獲得
1.交換=平和的獲得方法
2.裁判=平和的解決方法

「shihai04-1.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

人と動物の違い(平和的手段の有無)

人は暴力の他に平和的な手段による獲得方法や解決方法を見出した。
1. 平和的獲得方法としての「交換」行為 
つまり売買や取引によって自分の欲しいものを手に入れることができるようになった。
2.平和的解決方法としての「裁判」制度の確立
つまりどちらの腕力や策略が強いかでなく、何が正しいか、何が他の人に受け入れられるかによって争いを解決する手段を発達させた。

| | コメント (0)

支配の社会学第13回日本の将来

これからの日本国家の将来について社会学的にどのような予測が可能か考えてみます。
その時に力を現すのが預言者でありカリスマ的人物です。

「13japanfuture.mp3」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第3回その6

正当性とは何か
地域、時代、人による正当性の違い
「shihai03-6.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第3回その5

ボスの選抜 年令や血統(伝統的)、選挙(合理的)、織田信長(カリスマ的)
「shihai03-5.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第3回その4

ボイコット、経済的、社会的
強制と自由、強制と家庭内暴力
「shihai03-4.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第3回その3

強制について
物理的強制、暴力と権力、正当性の有無、心理的強制 言葉の暴力、言葉の権威
「shihai03-3.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第3回その2

人間社会におけるボス(支配者)の決定、年齢と血統
「shihai03-2.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

ビデオ支配の社会学入門第3回その1

復習、学問とは、支配とは、オオカミの支配、服従における暗黙の了解
「shihai03-1.mp4」をダウンロード

| | コメント (0)

支配の社会学第12回 軍部

太平洋戦争の終結まで日本を実質的に支配したのは軍部です。しかも官僚化された軍人による支配でした。
天皇はその伝統カリスマのゆえに軍人の権力欲を抑える働きをなしましたが、その存在理由は軍部支配に正当性を与えるためにありました。

「12military.mp3」をダウンロード

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »